館ヶ森アーク牧場

私たちが生産しているもの

館ヶ森高原豚 さっぱりとした脂とコクのある赤身が奏でる絶妙のハーモニー

お買い物はこちら

品種による豚肉の違い

「館ヶ森高原豚」は私たちが30年前にでアメリカで出会った「バブコック・スワイン種」の種豚を日本向けに長年にわたり育種改良を進め、日本独自の嗜好に合わせてきた品種です。世界の数多くの品種が生産性・合理性を最優先にする中、精肉の食味や品質を追求している世界でも稀な品種です。生産性の部分では多品種に劣ることは否めませんが、私たちが目指す安心・安全でおいしい豚肉づくりの価値に合致する非常に希少な品種として、ご提供しています。
赤肉は筋繊維が非常に細かく、口に入れた時に柔らかさと旨味を感じさせ、一方、脂身ははっきりとした白色で、口に入れた時には脂身の旨味と甘みをしっかりと感じられます。肉特有の臭みがなく、しまりが良いのも特徴です。

理念に基づいた飼育管理

「自分たちの家族に安心して食べられるものをお客様にも自信を持ってお届けしたい」という想いを理念に掲げ、安心・安全でおいしい豚肉を作ろうと、私たち全員で飼養に努めています。
館ヶ森アーク牧場では他に先駆けて2013年4月「農場HACCP」を取得しました。これは世界標準の基準であり、食品の製造・加工工程のあらゆる段階を連続的に監視し、製品の安全を確保する衛生管理の基準です。こうした取り組みにより、味の良さだけでなく、安心して食べられる豚肉づくりを行なっていくことが私たちの「こだわり」となっています。

アーク牧場から一貫流通でお届け

上記記載のとおり、私たちは自らの牧場で育てたこだわりの品種豚を皆様にお届けしています。そして、そのこだわりはお届けするすべての工程を自社内で行うことで実現されます。通常の豚肉の流通は、養豚業者が豚を飼育し、専門の畜肉業者が豚肉への加工を行ない、一般の流通業者の店頭での販売といった流れになります。一方、アーク牧場の豚肉は、自らの牧場で飼育、自社の加工場で豚肉に加工、通信販売でアーク牧場からお客様に直接お届けといった流れで、全てを自社内で行っています。

味の追求

こうした流れでお届けする豚肉に付いて、私たちはより美味しく召し上がって頂くために、自社内の加工場で、お肉の選別・加工(スライスやパック詰めなど)にも細かくこだわっています。同じロース肉でも、「しゃぶしゃぶ」「とんかつ」「シチュー」など料理によって様々なスライス方法で味には大きな違いが出ます。また通常の通販などでは多く用いられる「真空パック」は簡易ですが味の低下を招きます。そこで私たちはスライスにもこだわり、また窒素充填パックで味の低下を防いでお届けする方法を開発しました。このように様々な工夫でお届けするアーク牧場の豚肉。是非おいしく召し上がって頂ければ幸いです!

下味の塩・コショウのみで味わうリブロースステーキ。骨の近くの肉が特においしい。 吟醸漬けなどの加工品も、ワンランク上の味わい 豚肉はハム・ソーセージ、豚まんなどの加工食品にも使われている。豚まんの皮になる小麦もアーク牧場で育てている。

商品ラインナップ

  • ロース
  • フィレ
  • 肩ロース
  • バラ
  • モモ
  • その他
館ヶ森高原豚 ロース肉

一番人気の定番商品です。館ヶ森高原豚の最高級ロース肉。脂身と赤身のバランスが良く、両方の美味しさを堪能いただけます。オススメは切り身を使ったステーキ、シンプルに塩コショウでお召し上がり下さい。

  • ロース肉 スライス ¥324/100gあたり ●最低グラム数200g お買い物はこちらから
  • ロース肉 しゃぶしゃぶ用 ¥334/100gあたり ●最低グラム数200g お買い物はこちらから
  • ロース肉 切身 ¥324/100gあたり ●最低グラム数200g(100g×2) お買い物はこちらから
  • ロース肉 ブロック ¥324/100gあたり ●最低グラム数500g お買い物はこちらから
ページのトップに戻る