新着情報・イベント

Foreign languages:

2019.08.19昔たまごは雛が孵るの?

こんにちは!

館ヶ森アーク牧場で販売されている昔たまごですが、実は有精卵であることは知っているでしょうか。
有精卵とは、受精した卵で温めると孵化する可能性のある卵です。

通常スーパーで売っている卵は無精卵と呼ばれ、どれだけ温めても雛にはなりません。
しかし、有精卵は温め続ければ雛が生まれるかもしれない卵なのです。


↑鶏さんが卵を温めている様子です。

ちなみになぜ昔たまごが有精卵なのかというと、雄鶏と雌鶏を一緒の鶏舎で飼育しているからです。
普通の鶏舎では雌鶏だけで飼育していても無精卵を産むため、雌鶏のみで飼育しているところがほとんどです。
しかし、アークでは雄鶏と雌鶏が一緒に飼育されているために有精卵が産まれるのです!

ちなみに昔たまごをただ置いているだけでは、雛にはなりません。
37℃前後で約3週間近く温め続けることで、孵化するかもしれません。
そのため孵化させるのは大変ですが、もし鶏に興味があれば昔たまごで試してみてはどうでしょうか?

農牧部 伊藤 宏樹