MENU
牧場 MENU

秋の七草

ブログ
Share
URLをコピー
コピーしました URLをコピーしました

秋も深まってきました。
 
牧場から遠望できる栗駒山の嶺には、しばらく前から冠雪があり、初冬の白く輝く美しい姿が見れらています。

四季の豊かさに恵まれた日本では、春と同じように秋の野にも七草があります。

萩、桔梗、葛、藤袴、女郎花、尾花、撫子、これぞ七草。 (ちなみに尾花とはススキのこと)

お粥にする春の七草と違って、秋の七草は皆、そのまま食用にはなりません。根を加工して薬用食用にするのは

桔梗、葛くらい。お月見には飾って楽しむように、鑑賞用が主ですね。

そのかわり、古代万葉集の時代から、美しく多くの和歌などに詠まれています。

「おみなえし 秋萩折れば玉鉾の 道行きづとと 乞はむ子がため」 (万葉集)

”きれいだね!あの花 とって! とせがむ子供のために、道端のおみなえしや萩の花を 折ってあげたよ”

自然を愛しむ親子の情愛が見えてくる気がします。

レストラン ティルズでも、牧場内に咲いている花や実を採ってきて飾ります。

お客様に景色だけでなく、お食事しながらもゆったりと自然を楽しんでいただきたい、という思いからスタッフが

頑張っています。

いえいえ、別に頑張らなくても、花や木や草花などが大好きなスタッフたちが、

ガーデンや畑、牧場内や、山道から採ってきて、自然にそうしているのです。

                                                      橋本 志津
 

Share
URLをコピー
コピーしました URLをコピーしました