MENU
牧場 MENU

秋風

ブログ
Share
URLをコピー
コピーしました URLをコピーしました

゛夏雲の  彼方にありて  一周忌 ゛

これは、今月初め、昨年亡くなった母の一周忌に、母の弟である叔父が、薄い墨絵と共に、色紙に書いて仏前に

供えてくれた俳句である。

母とこの叔父は、腹違いの姉弟であり、年も離れている。母は91才であったが叔父は70代の前半であり(多分)、ま

だまだ若々しい。

幼いときもとても可愛がってもらった思い出がある。

俳句と墨絵を能くし、母にも季節の節目節目に贈ってくれていた。

いつもニコニコしていてひょうきんで、楽しい人である。

そんな人のさりげなくも、悲しみにみちた句。

その日、遠くの空に、入道雲があった。

簡素でさりげないゆえに、忘れられないものとなった。

昨年のうちに、高齢ではあったが三人の親が相次いで亡くなった。

風が三千ふえた。

館が森にも涼やかな秋風が届く。

今日も。
                                                                                          橋本志津

 

Share
URLをコピー
コピーしました URLをコピーしました